美容や健康になるために食べている健康野菜

ニンジンの栄養素健康効果として赤色はカロテンの色素で、緑黄色野菜のなかで、β-カロテンを最も多く含みます。βカロテンは体内に入ってから必要に応じてビタミンAに変換され、免疫力を高め、皮膚や粘膜を丈夫にし、目の表面を保護したり、肌を美しくしたりする働きがありました。そして、変換されずに残ったβカロテンは、活性酸素の発生を抑え、ガンや生活習慣病の予防に大きな効果を発揮します。そしてαカロテンも含んでいることがわかり、αカロテンには強力な抗酸化作用があり、皮膚や目、肝臓や肺の組織を活性酸素のダメージから守る力があり、それはβカロテンの10倍ともいわれていました。
キャベツの栄養素健康効果として胃腸障害に効果があるビタミンUを含み胃壁の粘膜再生や、潰瘍の改善に効果があり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の予防に役立ちます。このほかにビタミンCも豊富で、ガンや風邪の予防、コレステロール値の低下、美肌にも有効でした。さらに、怪我をしたときなどに、血液を固まりやすくするビタミンK、イライラを鎮めるカルシウム、便秘解消に働く食物繊維も含んでいます。
トマトの栄養素健康効果としてはβ-カロテン、ビタミンC、ビタミンEが多くで生活習慣病を予防するだけではなく、美肌づくりにも威力を発揮します。さらにトマトに含まれる赤い色素で、リコピンという成分があり、遺伝子や細胞を傷つける活性酸素の発生を阻止し、ガン抑制に働く遺伝子そのものを活性化します。カリウムも豊富で、体内の余分な塩分を排出する働きがあり、高血圧の予防に効果がありました。トマトの酸味のクエン酸は胃液の分泌を促し、消化を助けて食欲を増進させ、乳酸など疲労物質を除去し食物繊維のペクチンは便秘解消に働きました。
玉ねぎの栄養素健康効果として玉ねぎの主成分はブドウ糖、しょ糖、果糖などの糖質です。そのほかにビタミンCやカリウムなどを含んでいます。玉ねぎを切ると涙が出るのは、催涙成分である硫化アリルは血液をサラサラにする効果がありました。硫化アリルは、体内に入ってアリシンに変化しましてコレステロールの増加を抑え、血栓ができるのを防止し、そして動脈硬化や脳血栓、脳梗塞、高血圧の予防に優れた効果を発揮しました。アリシンのもう一つの特徴として、ビタミンB?の吸収を高めて新陳代謝を活発にしまして、疲労回復を促進し、体力や集中力をアップさせる効果がありました。
ネギの栄養素健康効果としてネギの匂い成分は、主にアリシンというイオウ化合物の一種でアリシンは血液が固まるのを防いで血液をサラサラにしてくれました。コレステロール値を下げ、動脈硬化や糖尿病や高血圧などの生活習慣病を予防してくれました。また、ビタミンB?の吸収率を高める働きもありビタミンB?は、体や脳の栄養源となる糖分をエネルギーに代えるために不可欠な栄養素で、疲労回復や精神安定に効力を発揮しました。アリシンは交感神経を刺激し、発汗を促し、体温を上昇させるので、疲労回復や、イライラ解消、肩こりにも有効で殺菌・抗菌作用やアルコール解毒作用にも抜群でした。
私はこの野菜の栄養素の力から美容や健康のためにも毎日、頻繁に野菜を食べるようにしています。

モテフィットなら