結婚式関連のサービスの将来について

結婚式、というのはほんとうにやりにくくなってしまいましたね・・・。一つの場所に人を集めるという儀式は、もはや時代に合わなくなってしまいました。
であれば業界としても、これからどうやってサービスを提供していくのかということをホンキで考える必要があるでしょう。
去年一年の間で、本当に多くの人が悲しい状況に陥ったはずです。そんな時にブライダルのがわからなにか出来ることはないのかと思ったんですが、正直言って現状では打つ手なしというところです。
 
オンラインでの式というものも実際に行われているようですが、せっかくの祝いの場ですから多くの人に集まって祝福してほしいという考え方はなかなか変わらないものです。
でも、実際に集まれないとなると今後のやりかたはどうなっていくのでしょうか?
すべてが対面方式では難しいのは見えているので、適度にオンラインやオンデマンドを取り入れながらやっていくしかないのでしょう。
 
あとは結婚式に求められてきたアイテムも様変わりする恐れがあるでしょう。そもそも現場に人がいないんですから、プチギフトや花などは姿かたちを変えてしまう可能性が高いんじゃないでしょうか。
そうなると関連業者も追い込まれてしまうので、なにか施策を考える必要があるのでしょう。
 
個人的にそこまで影響を受けないのではと考えているのが、プロフィールムービーを始めとした映像演出です。これは家で楽しむこともできますし、結婚時のいい思い出のアイテムともなるでしょう。
むしろこれからさらにバリエーションを増やして、売上を伸ばしていくことも考えられます。
結婚式のムービーに関してはこちらの記事にもくわしくまとめられているので、参考にしてみてください。
 
とにかく我々に出来ることは、顧客のことを想像しつつ新たな展開を発信していくことしかありません。ムービーなど可能性の高そうなところを優先しつつも、多方面に目線を広げながら進めていきたいものですね。